個性あるマイカーにアレンジ

 

 

車の趣味は人によって様々なので、どういった車体が良いという感性もまた人に良って異なります。

車を購入する際に主に注目する面としては、性能や価格、デザインが挙げられるでしょうが、気に入った車種があったとしても、場合によってはなかなか自分が求めていたカラーでは無いという事も珍しくありません。

 

車のカラーは基本的に万人受けするようなデザインが多く作られているはずなので、個性的なカラーの車が気になるという場合にはなかなか発見出来ないケースの方が多いのではないでしょうか。しかし、車のカラーは自分の好きなカラーリングに変更する事が出来ます。
主に、カラーをアレンジするという事ではあればカラードスプレーを利用するのがおすすめです。

これは一部にしても、全体にしても、スプレーによって塗装のカラーリングをアレンジする事が出来るアイテムです。あまり、新車に対して活用するのは気が引けてしまうかもしれませんが、数年乗った愛車に対して、イメージチェンジという事でカラードスプレーを手に入れてみると良いでしょう。スプレーの場合は、さまざまなカラーがあるので、きっと自分の気に入った車のカラーにアレンジする事が出来るはずです。

 

是非一度チャレンジしてみてはいかがでしょう。

配色に注意をする

 

 

カラードスプレーは、傷などを目立たなくすることができるものですが、これを使用する時に配力に注意をしてください。傷を目立たなくするのではなく、逆に目立つ状態になることがありますので注意しましょう。
カラードスプレーと言っても、様々な色があります。そして、その色によってかなり異なりますので注意です。だから、傷を隠すためにカラードスプレーを使用する時に、似ている色でごまかそうとすると逆に目立つことが結構多いです。だから、できるだけ自動車に使われている色と全く同じ色を使用するようにしてくださいね。でないと本当に目立つことになります。

 
単純に自動車の色を変えたい時も、複数のスプレー缶を使用する場合は、同じメーカーの同じ色のものを使用してください。メーカーごとに似ている色でも、使ってみると全く異なる色になることがあります。

だから、大量のスプレー缶を使用するカラーリングをする場合は注意をしてください。下手に変えると大変良くありません。最悪、全部やり直しになることがあるでしょう。

ちなみに、たまにですがスプレーが乾いてから結構色の厚みが異なることがありますので注意してください。特に、乾き方によって色が違うことになることもありますのでカラードスプレーを使うにしてもよく考えて使用するようにしましょう。

様々なカラーリング商品

 

 

愛車のカスタマイズの方法は色々ありますが、簡単に見た目の印象を変えたいときはカラーリングの変更が一番です。

自動車のカラーリングは購入時点では単色がほとんどなので、ワンポイントを別のカラーで塗装するだけでも違った印象を与えることが出来るはずです。

その際使用する塗料によって仕上がりや難易度も変化してきますが、初めて塗装を行うのであればカラードスプレーによると塗装が一番単純で分かりやすいといわれているので、大まかな箇所の塗装を行うなどそれほど複雑な塗装をしないときは是非スプレーによる塗装にチャレンジしてみてください。

 
自動車のボディーやホイールを塗装したい時は色々な方法を利用することが出来ますが、カラードスプレーは極普通のスプレー塗料と使い方が全く同じなため、コンプレッサーなどを使うような本格的な塗装が出来ないという方でも気軽に行うことが出来ます。

 

更に塗料の種類も豊富で、自分好みのカラーを比較的容易に見つけることが出来るというのもポイントといえるのではないでしょうか。実際の商品の種類については通販サイトなどでも確認できるので、これから塗装を行ってみたいという方は実際にどんな商品があるのかチェックしてみて、自分のイメージにあった塗装が出来そうか確認してみてください。

愛車を好みの色にする

 

 

カラーリングを愛車に施すことは比較的楽に行うことが出来るカスタマイズの一つとして知られています。

その内容も至ってシンプルで、自分の好きな塗料を好きな箇所に塗るだけなので予算もそれほどかけずに実行することが出来ますし、丁寧な作業を心がければかなり綺麗な仕上がりにすることも出来るそうです。カラードスプレーはこうした塗装作業を行う上で非常に扱い安く、種類も豊富なため塗装作業を円滑に進める事が出来、仕上がりも綺麗にしやすいので、興味のある方は是非チャレンジしてみてください。

 
自動車の塗装に使用するカラードスプレーですが、その種類は実に豊富で様々なカラーの中から自分好みのカラーを選択することが出来ます。

更にそこからスプレータイプのマスキングフィルムなどを使用することで中々綺麗に塗装することが出来ない箇所にも塗装することが出来ますし、仕上げに掛けるクリアカラーのタイプによって光沢の出方などにも違いが表れるので、どのような違いがあるのか確認してみるのも良いかもしれません。

 

いずれにしても塗装によるカスタマイズを行う上でスプレー塗装は一度は行なう事になるような代表的な塗装なので、カスタマイズに興味があるという方はぜひともチャレンジしてみてください。

傷隠しに塗装は有効?

 

 

外装の汚れや傷の中には中々自分の手で落とすことが出来ないものも少なくありません。中でも大きな傷はちょっとしたコンパウンドだけでは落とすことが出来ないので、何かしらの方法で状況を改善しなければなりません。

そうした状況に陥った方の中には塗装を施すことで傷を隠してしまうという手を取る方もいるそうですが、その方法ははっきりいってあまり良い方法とはいえません。特に既製品のカラードスプレーによる塗装を行うとなると難易度が非常に高くなってしまうので、傷隠しはもっと別の方法で行うようにしたほうが良いでしょう。

 

自動車の塗装を変更するカスタマイズは多くの方が行っており、その中には比較的容易な形で塗装を行うことが出来るスプレーを用いてる人も少なくありませんが、スプレーによる塗装は大まかな形でしか塗装することが出来ませんし、傷を隠すために使用すると一部だけ塗装の仕上がりが変わったりして悪い目立ち方をしてしまうこともあるため、機ずつ気を隠すなどの作業にはスプレー塗装はあまり向いていません。

 

おまけにこうした傷をそのまま放置しておくとそこから錆つきが進行する恐れもあるので、大きな傷ができたときはちゃんと修理業者に依頼して治してもらったほうが良いでしょう。

 

塗装作業時の注意点

 

 

マイカーをカラーリングすることができるカラードスプレーですが、これを使用する場合はいくつかの注意点があります。それを守りしっかりと使うようにしてくださいね。
まず、カラードスプレーを使う場合は使用する場所に注意をしてください。基本的にはどこでも使用することができるのですが、わりと塗りにくいところになると結構カラーリングすることが難しくなるでしょう。

 

だから、その点に注意をしてください。次に、カラードスプレーを使用する場合は密閉度の高いところで使用しないようにしてくださいね。カラードスプレーにもよりますが、結構有害物質が含まれることがあります。

広いところやある程度空気循環が良い所なら良いのですが、密閉空間で使用するとそれが中に貯まって死の危険性がありますので注意しましょう。ただ、スプレーによっては大丈夫なものもありますので確認しておくようにしてください。

また、通気性が良すぎるとゴミなどが入ってきて、色を塗っているところに落ちることがありますので注意しましょう。だから、いろいろと注意しないといけません。

 

そして、スプレーを使用する時は、塗る対象以外にスプレーが付かないようにシートなどで防御しましょう。そうしないとカラードスプレーを使用したところが色鮮やかになります。だから、よく考えて場所を選ぶようにしてくださいね。

塗装を変えるカスタマイズ

 

 

多種多様な自動車のカスタマイズですが、中には非常に高額な費用をかけてほぼ全ての中身を取り替えるような作業を行う人もいればちょっとしたポイントに手を加えて印象をがらりと変える人がいたりと人それぞれで違ったカスタマイズを行っています。中でも塗装を変えることで個性を演出するカスタマイズは比較的容易に行える上必要となる予算も少ないですが、それ以上にセンスが問われるためある意味では非常に難しいカスタマイズと言えます。

カスタマイズに興味があるけれども予算は少ないという方は是非一度チャレンジしてみてください。

 
自動車の塗装を変更するためには現時点での塗装の上にカラードスプレーなどを用いて塗装を上塗りする必要があります。

その前に洗車などをじっくり行う必要があるので、作業前は慎重に汚れを落とすようにしましょう。

塗装に使用するスプレーは好みで選択して問題ありませんが、仕上がりをより美しくするためにクリアスプレーも掛けておくのも有効なので、カスタマイズにチャレンジしてみたいけれどもパーツの交換は少々ハードルが高いという方はこれを機会に色々なカスタマイズにチャレンジしておくと後々役立つ経験を得ることも出来るでしょう。

パーツごとにカラーを変えるには

 

 

モノトーンカラーは自動車に用いられる一般的なカラーです。

もちろんその状態でも十分美しいカラーではあるのですが、何もかも同じでは少々物足りないと感じる方も多いらしく、そういった方の中には自分オリジナルの塗装にチャレンジする方も多いといいます。

自動車の塗装というと少々難しそうに感じるかもしれませんが、簡単な塗装ならカラードスプレーを使用するだけでも十分可能なので、各パーツごとにスプレー掛けすることで他の自動車には無い個性的なカラーにすることも可能です。今までカスタマイズはしてこなかったけれども塗装には興味があるという方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 
自動車の塗装に使用するスプレーを初め、塗料には色々な種類がありますが、パーツごとにカラーを変更したい時はパーツを取り外したりマスキングを行うようにすると綺麗に塗装を行うことが出来ます。

マスキングは専用のテープやスプレータイプのフィルムなどがあるので、それらを塗料と一緒に購入しておくと仕上がりを非常に綺麗にすることが出来るでしょう。

 

それとスプレーで塗装した後は乾燥した後クリアースプレーを使用すると仕上がりをより綺麗にすることが出来るのでお試しください。

自動車のカラーを独自のものに

 

 

現在日本で自動車に乗っている方は数え切れないほどいますが、その中には自分が乗っている自動車と同じ自動車に乗っている方も大勢いるでしょう。

そういった人たちとは一味違う自動車に乗りたいという方はちょっとしたカスタマイズを行ってみ手はいかがでしょうか。

カスタマイズといってもそれほど難しいものだけではなく、ボディーの一部を自分手で塗装することで自動車のカラーをオリジナルのものにするなど非常に簡単な形でカスタマイズを行うだけでも非常に魅力的なマイカーを生み出すことが出来るはずです。

 
自動車のカラーを独自のものにするには塗装を行う必要がありますが、自分で塗装する方法は色々あります。

例えばカラードスプレーを使用して一部分を塗装するだけでも全体の印象は大きく変わりますし、マスキング塗装などを行うと更に複雑なカラーリングを楽しむことが出来るようになるので、より個性的な自動車に乗りたいという方は是非チャレンジしてみてください。

 

それと同時にエアロパーツなどを取り付けるなど他のカスタマイズも行うことでより手の込んだものにすることも可能なので、ある程度経験を積んだら新しいカスタマイズにチャレンジするのも良いでしょう。