傷隠しに塗装は有効?

 

 

外装の汚れや傷の中には中々自分の手で落とすことが出来ないものも少なくありません。中でも大きな傷はちょっとしたコンパウンドだけでは落とすことが出来ないので、何かしらの方法で状況を改善しなければなりません。

そうした状況に陥った方の中には塗装を施すことで傷を隠してしまうという手を取る方もいるそうですが、その方法ははっきりいってあまり良い方法とはいえません。特に既製品のカラードスプレーによる塗装を行うとなると難易度が非常に高くなってしまうので、傷隠しはもっと別の方法で行うようにしたほうが良いでしょう。

 

自動車の塗装を変更するカスタマイズは多くの方が行っており、その中には比較的容易な形で塗装を行うことが出来るスプレーを用いてる人も少なくありませんが、スプレーによる塗装は大まかな形でしか塗装することが出来ませんし、傷を隠すために使用すると一部だけ塗装の仕上がりが変わったりして悪い目立ち方をしてしまうこともあるため、機ずつ気を隠すなどの作業にはスプレー塗装はあまり向いていません。

 

おまけにこうした傷をそのまま放置しておくとそこから錆つきが進行する恐れもあるので、大きな傷ができたときはちゃんと修理業者に依頼して治してもらったほうが良いでしょう。